忍者ブログ
これは才能なのかオーラなのか電磁波なのか静電気なのか
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今までお世話になったパソコンは全てメーカ製だったが、なかなか高性能なグラフィックボードを
標準で積んでいるものはない。あってもものすごいハイエンドモデルになってしまい、30万近く
したりする。
ちょっと前までは、ノーブランドというかショップブランドというか、お店で組んでもらう
なんてとても玄人なイメージだったが、
今はネット販売でもどんどん進出して
一般的な選択肢として定着してきている。決済とかサポート面とかでの不安もなくはないが、
やはり同じスペックで考えると、メーカ製よりも格段に安く買える。

部品を自由に組み合わせられる、ある程度カスタマイズ可能、それも安くで、自分の理想のパソコンが
組める、みたいなブランドイメージをつけたのはDELLである、と認識している一般人も多いだろう。
実際、職場のノートが逝った時も、DELLかなんかで安いのを間に合わせで買っておいて、と頼まれた。
FAXでチラシがどんどん来るのだが、それも59,980とか69,980とか、デスクもノートも10万以下の
モデルばかり載っている。ノートは液晶が高いから10万以下のなんてよっぽどだ
と昔は思っていたが、時代の変化とは恐ろしいものだ。

安さで注目を集めていたが、この販売戦略が出始めた頃によく確認しないで購入して苦い思いを
経験した人もいるだろう。そう、安いのは本体のみの価格だからだったりする。
メーカ製で慣らされている我々は、「買ってきたらそのまま動く」ことを当然のように思っていた。
しかし、品物が届いてみたら、モニタがない。マウスがない。キーボードがない。
OSだって入ってない
こともある。パソコンに明るくない人は、とても面食らって途方にくれて
しまう。
メーカ製が高いのは、至れり尽くせりなのと、ソフトなどがてんこ盛り入っているからだ。
しかしDELLやノーブランド品は、中身はほとんど空っぽ。それもカスタマイズのうちということである。
最初はモニタが付いてないなんて詐欺だ、と思ったものだ。
OSが入ってなくて、どうやって動かすんだと。

今はモニタが別売りなんていうのも珍しくなくなった。本体価格のみなので安そうに見えるが、結局は
モニタ付けてOS入れてと、色々トッピングしていくといい値段になってくる。
これだけパソコンが普及してきたら、モニタはもう持ってるとか、新しくしたい部分だけ欲しいとか、
様々なニーズが生まれているからなのだろう。

自由とは、自分で選択して決定することである。
自由な分、自己責任である。
知識もなく優柔不断な私に、果たして自由度の高いショップブランドPCを買うことはできるのか?

PR

パソコンを使っては色々な用事をしているが、最近はあまり創作意欲も湧かず、あちこち見て
勉強したりチューニングしたりするのも面倒になっていたので、もっぱらは漫然とゲームに
ログインしているだけだったりする。
Lavie子ではパワー不足なのは明白だし、そろそろ他のアプリでも息切れし始めているので、
どうせならグラフィック方面が充実しているマシンに買い換えたいな~
とは思っていた。

Lavie子が入院している間、家族が1年ほど前に購入したノートPCを貸してくれたので、
それでCABALをプレイしてみたのだが、やはり見違えるほど滑らかである。
CABALは割と低スペックでもノートでも動作すると謳っていたので始めたのだが、なるほど
最近のノートではそれなりに快適だ。もちろんワールド移動したりすると数秒間応答が
なかったり、カクカクとする場面もあるが、エフェクトを強くしてもきれいに出ている。
やはりオンボードでもビデオメモリなどの違いか。

Lavie子にはずいぶん無理をさせてきてたんだな、と改めて思った。
Lavie子が使えるようになって帰ってきても、いずれ近いうちには買い換えねばなるまい。
ある程度強力なメインマシンを購入し、あわよくばLavie子と2PCなど夢の環境に
してもいいな。

しかし今度はデスクトップにするか。こんなにケーブルだらけでは持ち運ぶこともそうないし、
やっぱりパワーあるし。
あー、また出費がかさむなあ。新しいパソコンを置く場所なんてないし、ノートがあったところに
デスクトップを無理やり置いても、じゃあノートが広げられないし。
ていうか、部屋、片付けないと・・・。
新しいパソコン、欲しいは欲しいのだけど、もうずいぶんそうやってぐだぐだ悩んでいる。

Lavie L シリーズやその部品において、リコールなどがなかったか調べていたら、
マザーボードの型番(が分からなかったが)ではヒットしなかった。
しかし他のシリーズで、過去には無償修理の例があったようだ。

「LaVie M」および「LaVie G タイプM」「VersaPro モバイルノート」の無償修理
http://121ware.com/navigate/support/lvm/

電源が入らなくなったり、発熱で筐体に穴が開いたりするらしい。
まあ、あるんだね。たくさんの製品を作っていれば、色んな事故は避けられないね。

出荷時期はうちのと近いが、対象の型ではないようなので原因も違うのだろう。
リコールや不良品の線じゃないのかな・・・。
何か事情をご存知の方は、是非教えてください。

マザーボードを交換したことになっているのに、修理代が発生していない。
昨日のやり取りで、何度も無償であることを確認したのは、何も出費をケチっての
ことではない。たぶん。

保証期間はとっくに過ぎているし、購入店での特約をつけた覚えもない。
4年もこってり使ってきたのだから、どこか壊れても不思議ではない。
それでも無償なのは、ただ単に無償の範囲だから? サービス? そこまでしてくれるんだ?

タダで直るのは嬉しい。しかし手放しで喜んでいいのだろうか。
なんかどんどん疑惑が湧いてくる。
修理の過程で、何らかの落ち度が向こうにあったとか。
報告書に間違って無償と印字してしまったけど、今さら気付いても訂正できないとか。
どこか余計な部分までいじって壊しちゃってるとか。
そもそも、フタを開けてみたら、すんごい過失が見つかっちゃったとか。
よくこの状態で4年も持ったよなあ、無事故だったのが不思議なくらいだとか。
実はマザーは自主回収されている型だったとか。
あ、リコールかかってるのを知らなかっただけ? とか。

向こうは向こうで私のことを疑っているだろう。
修理して出荷する時には直っていたんだ。家で付けてみたら直ってないなんて、
私の操作が悪いんじゃないのか。
何かとイチャモンつけようとしてるんじゃないのか。本当は直ってるんだろ。
私はクレーマーか?
それとも運んでいる最中に壊れたのか。

いや、どれも勝手な想像だ。
私は相手を信用して、良心的に直してくれることを願うしかない。
相手も仕事とはいえ、私の言うことを信じるしかない。

何かウラがあるような気がして仕方がない。
何を隠されているのだろう。
そうだ、この型番に不具合があったかどうか調べてみよう。

日通のPCあんしん便に乗って、Lavie子ははるばる群馬の工場にまで行ったようだ。
昼もだいぶ回ってから、ようやくその群馬から電話が入った。

N「症状が改善されていないとのことでしたが」
R「ええ、直ってないんです。あなたは修理担当者のとこに名前が書いてあるMさんと
  いう方ですか?」
N「ああ、いえ、Mではないんですけど」

客に応対する係の人だろうか。直接の執刀医ではなさそうなので少しがっかり
したが、それでもどういう状態の故障だったのか聞いてみることにした。
彼は報告書の診断内容に書いてある3行の文章を、少し膨らませて上手に語った。
報告書以上の詳しい状況は出てこなかったが仕方がない。

R「じゃあ原因はマザーだったんですよね。その他の部品は問題なく、
  マザーの交換後は正常に動いたんですよね。
Windowsや
  中のデータは無事なんですよね」
N「ええ、そのはずです。HDDの初期化は行っておりませんし、Windowsも再インストール
  する必要はありませんので、起動するはずです」
R「そっちでは直っているのに、うちに帰ってきたら起動しないと。
  今まで一度もハードのトラブルなく、良好に使ってきたんですよ。ちゃんと直してくれたって
  いうなら、なおさら困ってるんですけどね。
  だいたい修理代が無料って書いてありますけど、5~6万かかるんじゃないんですか?
  本当に無償なんですか?」
N「ええ・・・今回は無償で結構です」
R「何の連絡もなく返却されてきたのは、料金が発生しなかったからですか?」

相手は約束の不履行を責められていると思ったようだ。見積もりが出たり初期化に同意する
必要が出たら連絡することになっていたのを確認してきたが、相手は間違っていない。
少し問い詰めるような口調になっていたとしたら、やっぱり修理代がかかるから払えと言われや
しないかと、内心どきどきしていたからだ。薮ヘビになるかも知れないが、無料であることを
念押ししておきたかった。

N「申し訳ございません。今一度、お手元にパソコンはございますか」
R「再起動や放電なら、何度もしましたよ」
N「失礼致しました。ご不便おかけして申し訳ないのですけど、もう一度引き取らせて頂いて、
再度点検ということになってしまいます」

また1週間とかかかるのか。しかし他に打つ手もないので頼むしかない。
それでもデータは残っているようだ。それがまず分かっただけでも救いはあった。
Lavie子は再び厚手セロファンの張られたダンボールのベッドに収められた。

N「NECコンタクトセンター、○○です」
R「1週間前にそちらへ修理に出したパソコンが昨日、返却されてきたんですがね、
  直ってないんですよ

オペレーターは少し戸惑っている。当たり前だ。
早く名前とか聞いて履歴を見てくれれば分かるのに、はぁ、とか何とか言って、
話が展開しない。
やっと名乗らせてもらって、再発である旨が伝わった。

N「では、電源は入るが画面は真っ暗という症状が継続しているんですね。
  お手元にパソコンはございますか」

だからさ、もう再起動も放電も何度も試したんですよ。
ばかの一つ覚えのように、放電しかできることはないですから。

R「マザーボード交換してもらってるんでしょ。その後、正常に動作してるんでしょ。
  工場では動いたんですよね?
  一体マザーの何がどんな感じに不具合だったんですか?」
N「そうですね・・・。報告ではそのようになっております・・・。
  不具合の詳細はここでは分かりかねますが、工場で実際に中を
  開けた者から連絡させることもできます

え、そんなことができるの? Lavie子を手術した執刀医から連絡もらえるの?
それはすごい。ではお願いしますと言って、一旦電話を切った。

Lavie子が入院して、やはり不自由を感じていた1週間後、帰宅してみると
日本通運のパソコンポというダンボールが届いていた。
もしかして、Lavie子?
まず見積もりの連絡が入ることになってたよね、どうしたの?

夕食もそこそこに、パソコンポのテープを剥がす。
今時の梱包資材はすごい。ダンボール製の枠に、弾力のある強力セロファン
みたいな、分厚いラップみたいな、膜が張ってある。
そこにPCを置くとどの壁にも接触せず、宙に浮いたようになる。
揺さぶっても多少の衝撃が加わっても、PCはほとんど動かない。
やるなあ、ペリカンさんよ。なかなか考えたね。

そこに感心している場合じゃない。
直ったんだね、そしていくらかかったんだろう、どきどき・・・。

納品書兼ご報告書の診断内容:
「この度は機器修理によりご迷惑をおかけ致しました。
  各部動作点検の結果、ご指摘症状を確認し、メインボードの不具合が
  原因と判断致しました」
診断結果に示す部品を交換いたしました。
  完了テストの結果、各部の動作は正常で、検査の結果、ウィルスは発見
  されませんでした」

修理料金: 0円

マザーボードが交換されてる。とうとう体にメスが入れられてしまった。
まあそれは予想されたことだが、修理料金、0円!? えええ!?
だって部品交換してるのに、保証期間だって1年だったはずだし、購入店の
保証もないはずだし、4年経ってるんだよ?
見積もりで料金が発生しなかったから、何の予告もなく返却されてきたの?

素直に喜んでいいのか、事態がよく飲み込めないまま、とりあえずLavie子の
記憶を確保しようと電源を入れる。

電源を入れる。
・・・電源、入れたよな?

わずかなファンの回転音のもと、画面は真っ暗。

ええええええ!!??

昨日はあれから、友達の家にいる間に回収担当から電話がかかってきて、
一番早い便で明日引き取りになりますと言われた。
もう一度、料金が発生したら見積もりの段階で連絡をもらうことや、
HDDの初期化には同意しない、必要が出たらこれも連絡で要相談なこと
などを念押しして、引き取りに来てもらうことにした。

今日、家族に引き渡しを頼み、私が出勤している間に、Lavie子は旅立って
いった。我が子を入院させるのは、これが初めてだ。
今まで我が家にいた初代BIBLO君、デスクトップVAIOちゃんは、初期不良も
途中の交通事故もウィルス感染もなく、大病をしなかった。
BIBLO君は多少、液晶のヒンジが傷んで、壁に背中をもたせかけないと
全開か全閉じしかできない状態にはなったが、その頃にはVAIOちゃんで
間に合っていたので、気にはならなかった。

eメールという言葉がなんとなく知られるようになった頃、インターネットなる
ものに初めて接続してみたBIBLO君。
MMO草創期、初代リネージュがベータ版で割と長い期間無料でプレイでき、
夢中で遊んだVAIOちゃん。スペックはだいぶ不足していたけど、無理やり
火山地帯とかに行って、ラグって死にまくったな・・・。
そして初めて自分のお金で買ったLavie子。今までは表向き家族で共用と
いうことになっていた。自分しか使ってなかったけど。Lavie子でプレイした
初代リネージュは格段にサクサクで、高かったけど良い買い物したよな、
と思ったものだった。グラフィックカードとかオンボードとか、まだ聞き慣れて
いない初々しい頃だった。

あれから4年間、過酷な労働条件にも耐えてくれたね。
リネージュ2はさすがにガックガクだったけども、画質を最低にして視点を
真上にして、他のプレイヤーに迷惑をかけながらも狩りに出かけた。
熱暴走を起こして氷枕を当てながらもカタコムにこもったり、一晩中
露店を出して放置したりしていた。
レベル上げ中心のゲームは時間的につらいので、MMOは卒業した
つもりだった。スペック的にも無理だ。しかしMMOが林立するようになり、
アイテム課金というスタイルが流行りだした。基本のプレイは無料と
いうことで、かなり気軽に始められるようになった。しかもノートPCでも
動くというタイトルもある。ちょっとやってみたいな~、いつでも止められる
無料の範囲なら・・・。

で、ちょっとゲーム熱が復活してきた矢先の出来事だ。Lavie子は
まいってしまったのだ。どこに負荷がかかっていたのか、見当も
つかない。負荷ならかけまくってきたからだ。
もうLavie子の内部は焼けまくっているに違いない。ほこりを吸い込み
まくっているに違いない。そして完璧なまでにバックアップを取って
いない。データは外に、一切ない。

体の内部をほとんど入れ替えられてしまうのだろうか。
もう原形を留めないくらい、サイボーグにされてしまうのだろうか。
Lavie子、記憶だけは確かに持っていておくれ。
無事に、帰ってきておくれえぇぇ。

この日は仕事が休みだったが、気合いを入れて朝から早速センターに電話することにした。

順番待ちすることなくオペレーターさんにつながった。
N「電源は入るが画面は真っ暗ということですね。お手数ですが、そのパソコンは今
  お手元にございますか? 試されたとのことですが、今一度、バッテリパックを
  外して頂けますでしょうか」

だからもう、何度も放電はしてるんですよ。
しぶしぶ指示に従い、再度電源を入れる。はい、画面は真っ暗ですよ。

N「やはりNECのロゴが出ないとなりますと、物理的な故障の可能性がございます」

最初からそう言ってるじゃないか。とにかくデータは助かるのか助からないのか、
Windowsの再インストやHDDの初期化なんてしなくても済むんだよね?
まあ見てみないと何とも言えない。そりゃそうだ。

自分で他にも点検できそうなことがあればやってみたかったが、それ以上の
アドバイスは得られなかった。何とか自前で直せればと淡い期待があったが
所詮は淡かったようだ。

仕方がない。あまり覚悟はできていないが、この子を修理に出してデータが
取り出せるなら、修理代もやむを得ない。
そして如何ほどかかるのかと問えば、マザーボードやメモリ、HDDの交換など
最高で58,000円、部品の交換などしなくても診断料3,675円は最低かかりますと。
しかし引き取りの際の梱包から返却まで、送料はかかりませんと。

むき出しのパソコンを玄関先に持っていくだけで、返却まで手間なし、送料無料!
こ~れは太っ腹だ、さすが大手メーカー、と感心しつつも、しゅ、修理代が
ご、5万とか、
やっぱりそれくらいするのですか。う~~ん。
メモリが悪いっていうのなら、自分で買ってきて挿すくらいならできる。
いくら1GBや2GB買っても、5万にはならないだろう。
ていうか元が256MBだったし、1GBまでしか挿せなかったんじゃないかな?
でも基盤とかHDDとなるとノートの場合難しいっていうし、もちろん自分でやれる
自信はないし。
背に腹は代えられないか・・・。

引き取りの担当の者から連絡しますということで、往生際の悪さを引きずりつつ、
家を出た。
友達の新居を見に行く約束を少し前からしている。
サポセンとのやりとりは今日の予定になかったので、行きしなに買い物に寄ろうと
思っていた時間が刻々となくなっている。
梨でいいか。秋だしね。真夏のような秋だけどね。

かなり動揺している。
未だかつて一度もこんなことはなかった。
よく考えれば、逝ってしまうほど使ったことがなかっただけなのかも知れない。

無造作に突っ込んであったはずの保証書の記憶を手繰り寄せる。
きっかり、4年前の日付が書き込んであった。
9月11日。
ニューヨークのあの日。
忌まわしきテロリストは、私のパソコンにも時限爆弾を仕込んだのか。

何度やっても同じなのだ。
電源ボタンを押す。電源のLEDランプは付く。ファンも回る音がする。
一瞬、HDDなどのランプも光る。
しかし、そこまでだ。
画面は真っ暗なまま。
いつもはNECのロゴが出るのに、そこからは、わずかに通電するだけの
ただの箱なのだ。

こういう時はいつも思うのだが、インターネットが見られない状況になった時、
得たい情報は大概インターネット上にある。パソコンが2台ない人はどうしたら
いいのかと問いたい。
問い詰めながらも、家族の部屋を借り、NECのサポートサイトを開く。
一つだけ試せる方法があった。放電だ。

周辺機器を全て外し、ACアダプタもバッテリパックも外す。
こうすることで、PC内に溜まった余計な電気を放出することができるそうだ。
そういえば職場のデスクトップが同じ状態になったことがあるじゃないか。
あの時も慌ててサポートセンターに電話し、あっさり放電で直ったじゃないか。
よ~し、バッテリも数分間、外したぞ。もう放電しただろう。
ノートPCの場合は一瞬外すだけでいいらしいけどね。

電源ON! ・・・しかし。
起動しない。
サポートサイトには、もうその後はセンターに電話してくださいとしか書いて
いない。
なぜだ! 突然どうしたんだ! 何の挨拶もなしに逝っちゃうのかよ!
あれだけ使っておきながら、一切バックアップ取ってないんだよおぉぉ!
もう一度、一度だけでいい、目を覚ましてくれえぇラヴィぃぃぃぃ!!!
 カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 プロフィール
HN:
RYO
性別:
非公開
 最新TB
(10/01)
 最新CM
[09/24 BlogPetのRYU]
[08/08 BlogPetのRYU]
[06/03 BlogPetのRYU]
[05/21 BlogPetのRYU]
[05/14 BlogPetのRYU]
 BlogPet
 ブログ内検索
 バーコード
 カウンター
 忍者ポイント広告
 アクセス解析
前のページ  HOME  次のページ

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]