忍者ブログ
これは才能なのかオーラなのか電磁波なのか静電気なのか
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【ネタばれを含みます】
20世紀少年を観てきた。
長いわ!
もうぐだぐだ感満載である。
PR

【ネタばれを含みます】
ペンムは好きな人物の一人である。ライバルのメヒャンが認めるように、舞に関しては
右に出る者はいない。
芸の道に入って30年? ということは40代か50くらい? という設定の割には
キム・ヨンエはだいぶおばちゃんに見えたが。
ともあれ、妓女としての宿命を誰よりも理解し、チニの才能を慈しみ、心を鬼にしてチニを
恋愛から連れ戻す、酸いも甘いも噛み分けた人生の玄人である。

【ネタばれを含みます】
チニ(後にミョンウォル)は何度も教坊を出ていく。
ウノと駆け落ちしようとしたり、キム・ジョンハン礼判と暮らしたり、両班と結婚しようとした
罪に問われているのに妓女として生きると言ったり。
教坊を脱走しただけでも重罪なのではなかったか?
そんなことが赦されて教坊に戻れるのか?
3年も舞わなかったのに、急にしかも帝の前で踊れるようになるのか?
それもこれもミョンウォルは天才だからなのか?
その間にプヨンでさえもものすごい修練を積むのに、いくら天才だからといって、ヒョイと
帰ってきては主役級で扱われる。都中の話題をさらう名妓と呼ばれる。
都合が良すぎるというものだ。そりゃプヨンもその他の妓女もおもしろくない。
ただでさえ女の世界、もっと同僚の風当たりも強いのではないか。

【ネタばれを含みます】
まんじりともせず真剣に観ていたつもりだったが、気付かなかったことがいくつかある。
トクパルはタンシムのことが好きだったのね? いつから?
ウノとチニを取り持ってきた二人だからとは思うが、この告白も唐突だった。

それから、ここは曖昧だが、

【ネタばれを含みます】
2008年9月に映画でもリメイクされていたようだが、こちらのファ・ジニは設定も少し違うよう
である。両班(ヤンバン)の父と妓生(キーセン)の母の間に生まれた
というのは同じだが、映画版では敢えて両班という貴族階級を捨てて、賤民の妓生を選んだ
ということになっている。
「両班の子は両班、妓生の子は妓生」という法律はあったが、両者の間に
生まれたチニはどちらになるのか? タンシムもピョクケスの子を産んだが、こちらは王族の子
ということで最終的にはピョクケスに引き取られる。
ではチニも両班? 父が見捨てたから妓生?
この辺の歴史的背景はよく分かりませんな。
とりあえず稀代の美貌を持ち合わせたファン・ジニ役としては、ハ・ジウォンよりもソン・ヘギョ
の方が好きかな~。映画版観てないけどね。
それでも、ウノと恋愛してた頃のウブな感じと、水揚げしてからの鋭い眼光は、うまく演じ分け
られていたと思う。

私は本来、韓流ファンではない。
ファン・ジニについては、映像が美しく、芸を極めていく過程の描写が良いとのことで、私好み
ではないかと勧められたからだ。
よって、熱烈ファンの方には申し訳ないが、観ていて正直な感想とマイナーな角度からの
ツッコミを入れさせて頂くので、好意的なファンサイトを期待して訪問された方にはお気の毒様
と最初に申し上げておく。

それでも、海外ドラマというジャンルでは、韓国産も五分五分観ている方ではないか?
日本産に比べれば私の視聴率は高い。ていうか日本産をほとんど観ないだけの話だが。
米国産と交互に観たりすると、その作り方がだいぶ違うこと明白である。

とにかく海外ドラマはヒアリングができないので、字幕を追わなければならない。
ずっと画面を見ていないと今なんて言ったの? とか、話が分からなくなったりもするので、
結構緊張して観ている。別の用事をしながら片手間に観たりできないのである。
PCで観ることも多いので、録画なら少し戻したり、ストーリーや気になった俳優さんを検索
して情報収集しながら楽しんでいる。

ファン・ジニ(黄真伊)を観た。
職場でも韓国ドラマが蔓延しており、これは面白いからと、年末の超忙しい
時期に私の手元にも上陸してきた。
ふらふらになりながら年末と、打って変ってヒマな正月に一気に観た。

第一印象は… すごい頭だな!
もくもくと雲のように、吉本新喜劇の末成由美姐さんもびっくりのヘアスタイル。
自毛か? 自毛ではあんなにボリュームないだろう?
あんなに引っ詰めてたらハゲるだろう?
まああれは後にヅラだと分かって安心したが。

チニの幼少期役を演じるシム・ウンギョンは演技うまいな~。
笑顔も泣きのシーンも、素晴らしいよ。
あ、育ってもハ・ジウォンにはならない顔だけどね。

それは太王四神記のスジニの幼少期役をやってた時も思ったけどね。
大きくなってもイ・ジアにはならないと思うんだけど。

フラダンス、素晴らしい。ゆったりと風になびくようなイメージがあったが、けっこう激しい。動きも難しい。
ハワイアンダンスとタヒチアンダンスを取り入れているようだが、情熱的で良い。
松雪泰子もしずちゃんも良い味出してた。蒼井優はかわいいじゃないですか。ダンス練習したんだ
ろうなあ。腰つきとか笑顔とかには萌えでしたよw
ダンスはやっぱり、どれもそうだけど背筋がきれいですよ。垂直で不動の背骨を中心にくるりと回る。
持ち上げる、切れる、ぴたりと静止させる筋力。すてき。
豊川悦司じゃなくてもいいんじゃない? とか、まあともかく、ダンスは必見です。
 カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 プロフィール
HN:
RYO
性別:
非公開
 最新TB
(10/01)
 最新CM
[09/24 BlogPetのRYU]
[08/08 BlogPetのRYU]
[06/03 BlogPetのRYU]
[05/21 BlogPetのRYU]
[05/14 BlogPetのRYU]
 BlogPet
 ブログ内検索
 バーコード
 カウンター
 忍者ポイント広告
 アクセス解析
HOME

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]