忍者ブログ
これは才能なのかオーラなのか電磁波なのか静電気なのか
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週だったか、ラジオから独特の声とリズムが流れてきた。
すぐにジプシー・キングスだと分かったが、曲は初めて聴いたものだった。
サビの歌詞でやっとホテル・カリフォルニアだと判明した。
へええ、カバーもするんだ~と意外だった。
勝手なイメージで、ジプキンはアメリカンな歌など歌わないだろうと思っていたからだ。
というか、ラテン音楽をこよなく愛していて、その路線を世に広めるよう努めていると
思っていた。
なになに、最近の試みなの?
いろんなジャンルを取り入れるようになったの?
とは恥ずかしくも多大なる勘違いだった。
ホテル・カリフォルニアのカバー自体はかなり以前からあったらしいし、
スパニッシュだかメキシカンだか(いい加減)ではなくフランスのバンドらしいし、
本当に目から鱗である。
PR

フィギュアスケートの四大陸選手権が開幕した。
浅田真央ちゃんには是非とも健闘してもらいたいところだが、トリプルルッツが不発だ
そうだ。
しかもリンクの横幅が狭いという。
えええ、リンクのサイズって規定ないの!?

あれか、野球場でも日本と外国で大きさが違うように、結構その場その場なのか?
スケートなんてスピードのある個人競技、滑れる広さなんざ体で覚えてるだろうに、
いざ跳ぼうと思ったら壁に激突しそうだなんて、恐怖心が芽生え始めたらそりゃ
トリプル跳べないだろう。助走が短い分、スピードも出ないのだろうけど、精神的な
抑制の方がだいぶ大きいと思う。
かわいそうな真央ちゃん…。日本勢もみんなそうだが。

ロサンゼルスの世界選手権も同じサイズのリンクだそうである。
マラソンでも気候が厳しかったり勾配があったりで土地柄が出るのだろうが、
リンクなんて人工建造物じゃないか。世界レベルの競技なんだからできるだけ条件は
統一するべきである。
と、思うのだが、アウェーとはそれも含めてアウェーなのか。

ふとしたことから、割と前の曲を探していろいろ聴いてみた。
よく、なんでそんな昔の曲を知ってるの? 年齢サバ読んでるだろう、と言われるが、
これもその部類に入ると思う。

まず、1981年(S56年)にヒットした「シルエット・ロマンス」である。
歌は大橋純子という人だったが、S56年ならさすがに知らない。と思う。
徳永英明のカバーを見つけて、そこから原曲に辿り着いた。聴いたことはある。
しかし改めて聴いてみると、旋律も歌詞も、うわ、名曲じゃね? と感動してしまった。

内容が直截的でセンセーショナルな歌詞はいくらでもあるが、同時に文学的でもあり
メロディと相まってこんなに官能的な曲は近年なかなか出会わない。
特に2番はセクシーすぎる。
こんな濃厚な詞を書くのは誰だと思ったら、来生えつこだった。
作曲の来生たかおとのタッグは最強だなと再認識した。

 カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 プロフィール
HN:
RYO
性別:
非公開
 最新TB
(10/01)
 最新CM
[09/24 BlogPetのRYU]
[08/08 BlogPetのRYU]
[06/03 BlogPetのRYU]
[05/21 BlogPetのRYU]
[05/14 BlogPetのRYU]
 BlogPet
 ブログ内検索
 バーコード
 カウンター
 忍者ポイント広告
 アクセス解析
HOME

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]