忍者ブログ
これは才能なのかオーラなのか電磁波なのか静電気なのか
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フィギュアスケートの四大陸選手権が開幕した。
浅田真央ちゃんには是非とも健闘してもらいたいところだが、トリプルルッツが不発だ
そうだ。
しかもリンクの横幅が狭いという。
えええ、リンクのサイズって規定ないの!?

あれか、野球場でも日本と外国で大きさが違うように、結構その場その場なのか?
スケートなんてスピードのある個人競技、滑れる広さなんざ体で覚えてるだろうに、
いざ跳ぼうと思ったら壁に激突しそうだなんて、恐怖心が芽生え始めたらそりゃ
トリプル跳べないだろう。助走が短い分、スピードも出ないのだろうけど、精神的な
抑制の方がだいぶ大きいと思う。
かわいそうな真央ちゃん…。日本勢もみんなそうだが。

ロサンゼルスの世界選手権も同じサイズのリンクだそうである。
マラソンでも気候が厳しかったり勾配があったりで土地柄が出るのだろうが、
リンクなんて人工建造物じゃないか。世界レベルの競技なんだからできるだけ条件は
統一するべきである。
と、思うのだが、アウェーとはそれも含めてアウェーなのか。


フィギュアはもともと好きだが、演技はさることながら専ら曲を聴いていたりする。
どんな曲で滑るのかが楽しみである。

ふと、あの曲はなんていう名前だったかな…と検索している内に、モンティ
チャルダッシュだということを思い出した。のだめカンタービレで再試を受ける峰の
前にSオケの中村君が弾いている曲である。タンゴの誰だったかを観に行った時も
演奏していたので、定番中の定番だろう。

奇しくも真央ちゃんが2006年にこのチャルダッシュで滑っていた。
もちろん滑るように編集されているので、曲だけ聴くには消化不良だ。それにしてもクセの
ある演奏だった。緩急が売り物の曲とはいえ、もう少し滑りやすいテンポで演奏している
人のを選んでもよかったのではと思う。
真央ちゃんは1回転んじゃったけど、素晴らしかったですよ。

色々な演奏家のチャルダッシュを聴いてみた。確かに技巧を見せつける曲なのだが、
Joseph Lendvay という男性の演奏はもはや曲芸?
正確なんだけど、ここまで速く弾けるものなのねえ、とひとしきり感心。
女性が弾くと、情緒的で激しい中にも柔らかさが出るので不思議である。
ともあれ、ヴァイオリンでこれが弾ける人なんてプロでなくともわんさか出てくる。
世界の層は厚い。
葉加瀬太郎と古澤巌のコラボも良かったけどね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
RYOが競技する
RYOが競技するの?
BlogPetのRYU URL 2009/02/07(Sat)14:32:25 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 プロフィール
HN:
RYO
性別:
非公開
 最新TB
(10/01)
 最新CM
[09/24 BlogPetのRYU]
[08/08 BlogPetのRYU]
[06/03 BlogPetのRYU]
[05/21 BlogPetのRYU]
[05/14 BlogPetのRYU]
 BlogPet
 ブログ内検索
 バーコード
 カウンター
 忍者ポイント広告
 アクセス解析
ジプシー・キングス(The Gipsy Kings)  HOME  シルエット・ロマンス

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]